関孫六について

堺の包丁、関孫六について

堺の包丁、関孫六について、その銘は関孫六でも最近ではダマスカス鋼を利用した切れ味抜群のものを販売しているところがあります。切りにくい肉類などでも簡単に切ることができるもので、料理をする人にとって欠かせないものとなっています。

元々は関孫六は刃物の町として有名な岐阜県関市の刀鍛冶で、刃物の町として有名になりました。その歴史は鎌倉時代にまでさかのぼり、鎌倉時代に九州から美濃の国、関に移り住んだ刀鍛冶が良質の土、水、炭に恵まれたこの地で刀剣作りをはじめたのが関鍛冶の起源といわれています。

この関の刀鍛冶で有名なのが、和泉守兼定で2代目兼定と共にその名をよく知られています。美濃三阿弥派の出身と伝わる人物です。2代目兼元が特に良く知られていて、永正年間の頃に初代兼定のもとで修行し、その息子2代目兼定と兄弟の契りを結んだという伝説も残っていますが俗説ではないかという説もあります。

戦国時代 に戦国大名武田信玄や豊臣秀吉、前田利家の子の前田利政、青木一重など多くの武将が使用して、実用性をもって知られていました。特に青木一重所持の青木兼元が有名です。2代目兼元、孫六兼元以降、現代までその名が伝わっています。

その長い歴史の中で多くの名刀が生まれましたが、中でも名匠といわれた関の孫六は独特の作刀で、美しく芸術性の高い切れ味抜群な最上の業物を世に送り出したとされます。

現代では当然ながら、本来の用途であった人を切ったりすることは通常ありえませんから、包丁として利用されることが多くなりました。大阪府堺市では、戦国時代から刀鍛冶だけでなく鉄砲鍛冶も多くいたとされ、刀や鉄砲に必要な銃身部分の鋳造にこうした関を始めとした刀鍛冶などを多く登用するに至りました。

包丁では、日本だけでなく海外からも高い評価を受けて、その切れ味の鋭さから注文が多く舞い込むこともあると言われています。料理人にとって包丁は当たり前のことですがなくてはならないものですから、その切地が良いもの、使いやすいものを好んで使用することはある意味当然であると言えます。

この関の孫六など現代で使用されている包丁は、切れ味が悪くなったからと言って捨てるのではなく、専門の研ぎ師がいるのでそうした人に依頼して研いでもらうことが可能です。以前と同じような切れ味に戻ることが可能ですから、積極的に利用する人も大勢います。

もし長年愛用したこの包丁が切れ味が悪くなったとしても、捨てずに研いでもらうことを考えてみることも大切です。